薬物療法


薬物療法イメージ

診断結果より、軽度認知障害MCI・認知症の症状や重症度、生活習慣病の有無などを考慮して、その方にあった薬剤を選定、処方していきます。

服用開始後、定期的な診察を通じて、ご本人・ご家族から日常生活の変化を確認しながら、常にその方の症状にあう薬剤を調整し、認知機能の改善を図ります。

抗認知症薬について

認知症には主に「アルツハイマー型」「脳血管性」「レビー小体型」「前頭側頭型」といった4つのタイプがありますが、その中でもアルツハイマー型認知症が最も患者数が多く、認知症全体の約6割以上を占めています。

長年、認知症の治療薬はないとされてきましたが、1999年にアルツハイマー型認知症に塩酸ドネペジル(商品名アリセプト等)という薬が認可されました。
アルツハイマー型認知症を発症するとアセチルコリンという神経伝達物質(アセチルコリン)が減少していきますが、この薬にはアセチルコリンの減少を防ぐ作用があるため、記憶障害や認知障害が改善されて病気の進行を抑える効果があるとされています。

また2011年には、ガランタミン(同レミニール)、リバスチグミン(同イクセロンパッチ、リバスチグミンパッチ)、メマンチン(同メマリー)の3剤が新たに認可発売され、現在は塩酸ドネペジルを含め、4剤が抗認知症薬として使えるようになっています。
これら4剤はそれぞれ特徴や作用が異なるため、その方の認知症のタイプや状態、重症度などによって使い分けることが大変重要です。

飲み続けているうちに徐々に記憶障害や認知障害の改善効果は弱くなっていきますが、「意欲を向上させる」「表情が明るくなる」という別な効果もあり、継続して服用することで前向きな気持ちで生活することができます。
またご本人が前向きな気持ちで生活することができるようになると、介護する家族にも心理的な余裕が生じるため、イライラ感が減少し、ていねいに接することができるようになるなど、本人を中心とした笑顔の中で生活できるという好循環が生まれます。

《抗認知症薬の副作用》
まれに食欲不振や吐き気のほか、怒りっぽくなる、徘徊や暴力がひどくなるなど副作用が表れることがあります。 また、塩酸ドネぺジル、ガランタミン、メマンチンが内服薬であるのに対し、リバスチグミンは貼り薬で、血液中の濃度を急に上げることなく穏やかに作用します。そのため、内服薬に多い吐き気などの副作用が出にくく、薬を飲めない人にも使うことができますが、貼った場所の皮膚がただれたり、かゆみが出ることがあります。

《ひろかわクリニックの薬物療法の特徴》
ひろかわクリニックでは、その方の認知症の状態に合わせて慎重に薬の選択を行い、服用量を調整していきます。また、 副作用を極力避けるためにも、画一的な薬剤処方ではなく、時間をかけて丁寧に、ご本人の変化をしっかりうかがいながら薬物療法を行っていきます。
急に薬の服用をやめると一気に症状が悪化することがありますので、薬は家族に管理いただく場合があります。